注目の記事 PICK UP!

  • CFD

FXで負けてしまった人はCFDで中長期取引をやってみよう

FXのボラティリティは負けのいばら道

今までFXにチャレンジしてきて儲かったけど、利益を吹き飛ばしてしまった方やいろいろな手法を試したが勝てなかった人など、チャレンジしてきた人の数だけ負け方・勝ち方があります。

FXを経験した人は分かると思いますが、ポジションを持たずにチャートだけ見ると、「あーこのポイントから入れば取れそうだな」「勝てそうなエントリーチャンスがきてるな」など思ったりします。

しかし、実際にエントリーしてみて思惑とは反対に動き出すと「やばい」「損切りしようかな」と思ったりして感情を揺さぶられます。

もしもポジションを持たずに想定した動きと逆行した場合は、「エントリーしなくて良かった」など安堵したり、後付け理論や最もらしい理由を考えて自分を納得させます。

私は、FXで負けてしまうひとつの原因を「ボラティリティによる感情の揺さぶれ」と考えています。

大きな利益を上げるためには、ボラティリティは大事な要素ですが、当然建玉の評価損益も大きく変動するので感情も揺さぶられます。

感情の揺さぶれとは、評価益が出れば高揚感を感じたり、評価損が出ればストレスを感じることを言います。

特にFXを始めたばかりの人が何もトレーニングしないでいきなりマーケットに参入すれば、建玉の評価損益に一喜一憂することになり、ビビりからくる損切り貧乏、利益の目減りによる薄利決済、ナンピン塩漬けなど必ずやります。

そこで、私がFXで負けてしまった方におすすめする取引の方法をご紹介します。

小額ロットでまったり取引しよう

FXのひとつの魅力にレバレッジがあります。レバレッジは、資金効率を高められる仕組みである一方、無計画な資金管理やお金欲しさで欲望のまま取引すると必ず痛い目に遭います。

少し勝てるようになると、もっと稼ぎたいという欲からレバレッジを上げて、取引ロットを上げた経験はあなたにもありませんか?わたしはあります。

私は、月間プラスをせっかく達成できたにも関わらず、欲をかいてロットを大幅に上げた結果、評価損益の金額の大きさに感情が耐え切れず、損切りを連発してすべての利益を吐き出した経験があります。

お金の価値観は人それぞれ異なります。たとえば1万円・5万円・10万円と評価損が膨らんだ場合、どの水準がストレスを感じるのか自分の心理状況を分析してみてください。

言葉だけだと、リアリティがないのでポジションを持った状態が望ましいです。

ただし、プロスペクト理論の感応度逓減性(かんのうどていげんせい)により、損失額が大きくなっても感覚が鈍ってしまうので、ナンピン状態のときは、ストレステストにはなりません。

さて、FXで負けてしまった方にとってまず大事なのが最小ロットで取引することです。最小ロットで取引する目的は、感情に揺さぶられないトレードを目指すことにあります。しあなたのストレス水準に合わせた取引数量に設定しましょう。

ボラティリティがない銘柄を選ぼう

最小ロットと合わせて大事なのが銘柄選びです。FXを始めるほとんどの人は、米ドル/円・ユーロ/円・豪ドル/円・ポンド/円・ユーロ/ドルなど主要通貨ペアを選ぶ傾向があります。

もちろんスワップ狙いで金利が高い通貨ペアを選ぶ人もいますが、ここではスワップトレーダーは対象外とします。

ボラティリティがない銘柄といっても流動性の低い通貨ペアもおすすめしません。2015年1月15日のスイスフランショックを思い出してもらえば分かると思います。

私が考えるFXで負けてしまった方に推奨したい金融商品がCFDです。CFDの銘柄は、FXのボラティリティと比べると低いので、中長期で腰を据えてしっかりトレンドに乗ることもできます。

FXは、1日に数円動くこともあり、せっかく大きな評価益があってもボラティリティの高さで一気に吹き飛ぶこともあります。CFDはFXのように大きなボラティリティはないので、感情も大きく揺さぶられることはありません。

FXで負けてしまった人が目指すべき取引方法

私が考えるFXで負けてしまった方が目指すべき取引方法は、あなたに合った適正ロットで感情を揺さぶられないトレードです。

大きく稼ぐ前にまずは中長期で腰を据えてコツコツ積み上げられる取引スタイルをやってみましょう。時間はかかりますが、あなたがFXを始めた目的は稼ぐことだったはずです。

しかし、FXをやって資金を溶かしてしまったことも事実のはずです。だからこそ、まずはあなた自身が稼げるという成功体験を少しずつ積み上げることが大事です。

CFDをやる上で重要なファクターは、取引環境がしっかり充実している業者を選ぶことです。銘柄数や取引ツールなどが国内で最も充実している会社はGMOクリック証券です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 商品CFDのブラックホース銘柄は天然ガス!トレードで簡単に稼ぐならトレンドに乗れ

  2. CFDをやるならGMOクリック証券!4つのメリットと1つのデメリット

  3. FXにはないCFDの優れたロスカットシステム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 今がチャンス!?CFDの金投資を始めるべき4つの理由
PAGE TOP