注目の記事 PICK UP!

利食いの方法

結論からいくと利食いの方法に正解はありません。
利食いの手法には
・サポ、レジ等のチャートポイント
・トレーリングストップ
・分割決済
・MA割ったら

 

など沢山ありますが、一番優れている手法はありません。
どれも優れています。
※使い方次第ということです。

この記事で主張したいのは、あなたがエントリー前に計画したエントリーからエグジットまでの利食いと損切りの報酬比率がどれくらいあるか?ということです。

 

報酬比率とは、
例えば
利食いポイント 30pips
損切りポイント 15pips
とした場合、報酬比率は、30 ÷ 15 = 2倍となります。

 

考え方次第ですが、報酬比率が1.0を下回るならリスクを取る価値がないし、上回るならリスクテイクする価値があるということです。
※これは、ぼくの価値観、トレードスタイルです

 

もちろん報酬比率を犠牲にして勝率を上げるやり方もあると思います。

あなたのスタイルに合ったやり方を取って下さい。

 

勝率を上げるなら、報酬比率は下がります。
※時間軸で考えると、マーケットにさらすリスクを短くするということ

 

報酬比率を上げるなら、勝率は下がります。
※時間軸で考えると、マーケットにさらすリスクを長くするということ

 

つまり、あなたにとってどのスタイルが一番バランス良いのかということになります。
さて、報酬比率を考えるとき、エントリー前に計画をする事が必要ですが、あなたはポジションを持ったあとになんとなくで決めてはいないでしょうか。
以上が利食いの方法に関する解説でした。

 

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックを頂けると幸いです♪

為替・FX ブログランキングへ

関連記事

  1. 勝てる手法探しは怠け心からくる事実

  2. 相場で稼ぐ3つの基本-カンタンなのに頭のいい奴ほど難しく考える事実

  3. FXで利益を出すためのコツとは?

  4. 損切りができない?損切りしないからできないのです。

  5. 日経225CFDレンジブレイク後の戻り売りを狙った手法

  6. 弱いブレイクアウト後の押し目・戻り売りの狙い方

  7. ダマシを利用するエントリー手法

  8. ブレイクアウト手法のタイミングを捉える

  9. プロトレーダーの損切りを学ぶ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 今がチャンス!?CFDの金投資を始めるべき4つの理由
PAGE TOP