注目の記事 PICK UP!

金が上がる環境が整いつつある。ドル安によって逃避マネーがゴールドに入ってきてます

CFDゴールドの動きが読みやすい!金投資を始めるなら今?

CFD金投資を始めるなら非常に良いタイミングです。金は、ドルと逆相関に動く傾向があるのは周知のとおりですが、あまりにも分かりやすい動きをしてます。その根拠をテクニカルとファンダメンタルズの両面で解説していきます。

まずはゴールドのチャートを分析してみましょう。

日足

20160803-日足-ゴールド

8/3 24:00時点のため、まだ終値が確定していませんが、保ち合いを得てから1400ドルを目指す流れをイメージしています。

8/5の雇用統計後の動きです。1370ドル付近で上値が抑えられましたね。シナリオ(妄想)通りです。

20160805-日足-金

もしも、トレンドラインを下に抜けてしまった場合の想定シナリオは、1310ドル~1370ドルのレンジを得てから上にブレイクすることを妄想してます。

20160803-日足2-ゴールド

1310ドルの支持線(サポート)が下にブレイクした場合、上昇トレンドはいったん終焉と判断します。1310ドルをキープできれば、買い目線に変更はありません。上にブレイクするまでは、レンジトレードに戦略を切り替えます。

4時間足

もう少し短期目線で確認してみましょう。

20160803-4時間足-ゴールド

左側のダブルトップを形成している1375ドル付近で一度利食いが入る可能性があり、1355ドル付近まで押されることを妄想してます。

そこから一度押し目で拾ってくる参加者が現れるかもしれません。1375ドルを抜けるには何か大きな材料が必要だと思います。その材料は、アメリカの雇用統計かもしれません。

8/5(金)はアメリカの雇用統計を控えているため、結果次第では大きく上抜けていくかもしれませんが、現時点では分かりません。

雇用統計の結果

20160805-4時間足-金

1350ドルのネックラインからショートが入ってくるシナリオを描いていますが、1310ドルのサポートまで伸びるのか、トレンドラインが意識されて高値トライするのか、8/8以降は2つのシナリオを妄想しています。

金ドル上昇要因の材料は盛りたくさん!

0803ドルインデックス-週足

こちらは、ドルインデックスの週足チャートです。93ドル付近が支持線となっており、ドナルド・トランプ氏が大統領になれば、ドル安政策を取るため、おそらく下抜けるでしょう。

そのときは、ゴールドは上昇します。分かりやすいです。

原油も下落基調

原油は、1バレル=50ドルを達成してから下落基調が続いています。原因は中国の景気悪化による需要減退やシェールガスの台頭などの影響かもしれませんが、原油の流れを見ると経済環境は悪化しつつあると感じます。当然マネーは円や金に逃避してくるのでドル円は円高へ、金は上昇というシナリオが描けます。

アメリカ4-6月期GDPの設備投資も落ち込み気味

こちらは、ウォールストリートジャーナルが報じた内容ですが、アメリカの設備投資も減少傾向にあるようです。これでは、当然利上げも見送られます。逆にQEのシナリオが出てくるかもしれませんね。

その時は、金は爆上げ必至です。

今がチャンス!?CFDの金投資を始めるべき4つの理由
今が熱い!長期上昇トレンドに入ったゴールドマーケット金は、米ドルの不信任投票としての位置付けや、安全資産としての有事の金と言われる通貨の逃避先として扱われる...

関連記事

  1. 金投資の実践トレードとチャート分析の解説(8/8~8/19)

  2. サラリーマンは投資で副業技術を磨くべき!FX相場は金持ちから搾取できる素敵なシステム

  3. 今日の金相場(8/8)雇用統計の良好結果を受けて大幅下落

  4. 今がチャンス!?CFDの金投資を始めるべき4つの理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 今がチャンス!?CFDの金投資を始めるべき4つの理由
PAGE TOP