注目の記事 PICK UP!

スワップ派は必見!マネパのキャッシュバックプログラムで金利収入UPが実現できる

高金利通貨で運用するスワップ派はマネパがおすすめ

マネーパートナーズがキャッシュバックサービスを始めました。キャッシュバックと言ったら口座開設後に取引高に応じて1度だけもらえるキャッシュバックが定着していますが、マネパのキャッシュバックサービスは毎月恒常的にもらえるものなので、他社とは一線を画するものとなっています。

それではさっそくキャッシュバックプログラムの条件とメリット・デメリットを見ていきましょう。

キャッシュバックがもらえる前提条件

マネーパートナーズで証券口座を開設するだけでキャッシュバックの対象となることができます。マネパはFX事業を柱とした企業ですが、実は証券会社です。この強みを活かしたのが代用有価証券サービスです。株券を担保(掛け目70%)にすることで現金がなくてもFXで取引できるのもマネパならではの強みですね。

証券口座を開設するデメリットは、書類手続きが必要という面です。FX口座と証券口座の開設手続き両方をやらなければならないので手間があります。

キャッシュバックをもらうための必要条件

口座開設キャンペーンと一線を画したマネパのキャッシュバックプログラムは、取引と未決済建玉(ロールオーバー)の数量に応じて毎月キャッシュバックされるため、実質スワップポイントの付与金額UPと言えます。このような理由から南アフリカランドや豪ドル・NZドルなどの高金利通貨で運用する投資家にとってはありがたい仕組みと言えます。

キャッシュバックの計算は下記の通りとなります。

  • 1万通貨あたり × キャッシュバック率
  • 未決済建玉(ロールオーバー) × スワップポイント付与日数 × キャッシュバック率
キャッシュバック率米ドル/円その他通貨ペア未決済建玉
(ロールオーバー)
PFX0.2円0.4円0.2円
nano0.1円0.2円0.1円

HKD/JPY、SGD/JPY、AUD/NZDの3通貨は対象外のようですが、マイナー通貨なので特に問題ないですね。

毎営業日ごとに計算され、月末の営業日終了時点で最終的な集計が行われます。キャッシュバック付与のタイミングは、翌月の第一営業日に付与されるようです。

FX会社のスワップポイント比較

キャッシュバックプログラムは、他社のスワップポイントと比べるとお得になるのか確認してみましょう。下記の比較表は、豪ドル/円・買いの降順になっています。

FX会社付与日数売り買い
SBI FXトレード2-8278
YJFX!2-7876
マネーパートナーズ2-7872
GMOクリック証券2-7670
インヴァスト証券2-7470
DMM.com証券2-6868
外為どっとコム2-11466
外為オンライン2-8050
ヒロセ通商2-1610

は、上から3番目の上位に入っていますね。むしろ、キャッシュバックプログラムがあれば、業界No1のスワップポイントがもらえるFX業者に化けます。

株券持ってなくても証券口座を開設できるので、高金利で運用するキャリートレーダーは、マネパを活用した方が効率良く稼ぐことができます。

スワップが貯まったら、「スワップ受取」という便利な機能もあるので、建玉を落とさずにスワップポイントだけ現金化することもできます。この機能もスワッパーがマネパを使う一つの魅力でもあると思います。

関連記事

  1. GMOクリック証券の新FXネオの評価とレビュー

  2. CFDの取引ツールが充実しているGMOクリック証券

  3. マネーパートナーズのCFD口座を開設すると育成講座が受けられる!?

  4. 初心者におすすめの厳選FX業者3社

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 今がチャンス!?CFDの金投資を始めるべき4つの理由
PAGE TOP