注目の記事 PICK UP!

相場で稼ぐ3つの基本-カンタンなのに頭のいい奴ほど難しく考える事実

頭の良い人ほど相場の罠に陥ってしまう

相場で稼ぐのはカンタンです。稼げるようになってくると、この言葉の意味が分かります。

ところが、頭の良い人ほどテクニカルの売買サインだとか、勝てるトレード手法だとか確率の問題とか、様々なものに囚われてしまう傾向があります。

これらは確かに重要な要素かもしれませんが、理論ばかりにハマっている間は相場で稼ぐことはできないと思います。

相場で稼ぐための基本はたったの3つ

FXでも日経平均でも何でも良いですが、マーケットからお金を引っこ抜く1つ目の基本は、「獲れるときに大きく獲る」事です。

2つ目は、分からなければ「待つ」あるいは試し玉を入れて様子を見る事に徹します。

そして、3つ目は違ったら切る(損切り)です。損切り後、マーケット状況や自分が立てたシナリオによってはドテンもあるかもしれません。

これら3つの基本さえ忠実に行えば、相場で稼ぐことはカンタンです。

獲れる時に大きく獲る

私のやり方ですが、ポジションを持ったあとに含み益になったら、それを担保に増し玉します。いわゆるナンピンの逆です。

含み益を担保にしてるので、増し玉はノーリスクで建てることができます。これはすごい事ですよ!

増し玉に含み益が乗ってくれば更に追撃していきます。追撃のタイミングとマーケットの状態を把握することはかなり重要ですが、これが出来るようになると、一気に大きく稼ぐ事ができます。

待つ大切さ

相場は稼ぎやすい環境とそうでない状況というものがあります。これは、トレードスタイルにもよりますが、月間収支がプラスにならない初心者ほど、勝ちやすい・稼ぎやすい相場環境を分かっていません。経験不足も関係しています。

自分の勝ちやすい・稼ぎやすい相場を把握していない人は、トレードの技術があろうが知識を豊富に持っていようが初心者と変わりません。

所構わずトレードするのは愚の骨頂であり、利益は愚か、損失を膨らますだけであり、退場宣告されるのは時間の問題でしょう。

エントリーやエグジットで悩む・迷うポイントというものは、必ず存在します。その時は、あなた以外の参加者も同じ思考になってると考えましょう。

その場合は、試し玉を入れて様子を見たり、静観して疑心暗鬼が確信に変わるまで待つのも一つの戦略です。

違ったら切れ

損切りの重要性を頭で理解している人は多いですが、いざ行動するとなると、なかなか出来ないものです。マウスを指でクリックするだけにも関わらずです。資金管理をしっかりやれば損切りしなくても良いかもしれません。これは一つのやり方です。

ところが、資金管理をやらないで損切り出来ないのは問題です。損切り出来ない人は下記のメリットを捨てています。

  • 損失をプラ転できるくらいの機会損失
  • 相場で稼ぐには時間が必要なのにクソポジを持ち続けて無駄に時間を浪費してる

細かい損切りはあってしかるべきにも関わらず、たった1回の損切りをできない人が多過ぎです。

100%勝ち続けることは不可能です。トータルで利益が残れば良いという事を念頭に置きましょう。

損切りができない?損切りしないからできないのです。
損切りができない原因と解決方法損切りできない事で悩んでいませんか?損切りができない原因は、損切りしないからできないのです。逆説的な表現ですが、こんな当たり前...

相場を難しくしているのは自分

勝ちやすい・稼ぎやすい相場でトレードすれば簡単に利益を出せるにも関わらず、自己嫌悪ばかり陥って相場は難しいと感じてしまうのはあなたの思い込みです。

自分の取引を一度振り返ってみて下さい。カンタンに利益になったトレードが1回はあるはずです。

その時のマーケット状況(チャート)はどのようになっているのでしょう。

自分の勝ちパターンを整理してみて下さい。ただ何となくトレードを繰り返しているだけでは、成長はありません。

振り返えるのが面倒だと感じたあなた、稼ぐ気ありますか?

関連記事

  1. 勝てる手法探しは怠け心からくる事実

  2. FXで利益を出すためのコツとは?

  3. 損切りができない?損切りしないからできないのです。

  4. 日経225CFDレンジブレイク後の戻り売りを狙った手法

  5. 弱いブレイクアウト後の押し目・戻り売りの狙い方

  6. ダマシを利用するエントリー手法

  7. ブレイクアウト手法のタイミングを捉える

  8. プロトレーダーの損切りを学ぶ

  9. 環境認識を使ったチャート分析とエントリー方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 今がチャンス!?CFDの金投資を始めるべき4つの理由
PAGE TOP