注目の記事 PICK UP!

ビットコイン取引所の手数料を徹底比較

 bitFlyercoincheckJbitsBTCBOXkraken
最大レバレッジ5倍5倍10倍5倍5倍
取引手数料無料指値注文:-0.05%
成行注文:0.1%
1BTC=108円
+建玉金額×0.05%
無料指値注文:0.16%
成行注文:0.26%
ロールオーバー手数料0.04%ロング:0.04%
ショート:0.05%
0.05%4時間毎に0.01%
入金手数料324円無料無料無料無料
最低5,000円~
出金手数料432円400円
756円(高速)
540円出金額の0.5%
最低400円
300円
ロスカット率50%50%100%-40%
取引量1位3位-2位4位
おすすめ

取引手数料で選ぶならbitFlyer

ビットコイン取引するなら取引手数料が無料のbitFlyerがおすすめです。

ビットコインを扱っている多くの事業者は、ポジションを持って営業日をまたぐとロールオーバー手数料を取るため、基本スタイルはデイトレになると思います。

デイトレをする上で取引手数料は非常に重要な要素です。bitFlyerはまさにデイトレーダーが使うべき事業者です。

指値注文が約定すると手数料がマイナス?になるcoincheck

指値注文を出すと板情報に反映されますが、その注文が約定するとなんと手数料をもらえてしまうというおもしろい営業施策をやっているのがcoincheckです。

流動性を供給するためにマイナス手数料(もらえる手数料)を採用しているようですが、これはスカスカの板情報を見せてしまったら誰も注文を出さないからです。それを避けるために多くの注文をもらえるよう板情報を厚くしようと営業努力をしていると考えられますね。

手数料は通常取られるものですが、-0.05%分の手数料を頂けるので指値注文でトレードする方にとってはおすすめのビットコイン取引業者ではないでしょうか。

資金効率を高めるならJbits

最大レバレッジを比べてみると分かりますが、一番高いのがJbitsです。

レバレッジはFXでは馴染みのある仕組みですが、ビットコインもまたレバレッジを効かせてトレードすることができます。

このような特徴から、少ない資金からでもビットコイントレードを始めることができるので、初心者や小額からビットコイン取引を始めたい方におすすめの取引所です。

ビットコイン取引所のもう一つの選び方

ビットコイン取引は、相対取引のFXと違って取引所を通したマッチング方式が取られています。株式取引をイメージすると分かりやすいかもしれません。

ただし、ビットコイン取引所は証券取引市場のような運営をされていますが、注文は各々の事業者が運営する取引所に集められます。

このような特徴から、ビットコインを取引する上で大切なポイントが事業者が運営するビットコイン取引所の取引量です。マッチング形式が取られている以上、ビットコインを買いたい・売りたい人がいなければ取引は成立しませんよね。

ビットコイン取引を始めるに当たって取引手数料などコスト面も重要ですが、取引量が多い取引所を選ぶことも大切なポイントになってきます。

現時点では各事業者が取引所を運営していますが、今後の法改正でクリック365のようなビットコイン取引所ができたり、FX会社が新たにビットコインマーケットに参入して、相対取引のような形式も出てくるかもしれませんね。

いずれにせよまだ黎明期のビットコインマーケットは変革期であるため、税制面や法改正による事業者リスクなども存在します。

様々な課題もありますが、ビットコイン取引をする私たちにとっては取引しやすい環境が時間をかけて整備されていくことでしょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 今がチャンス!?CFDの金投資を始めるべき4つの理由
PAGE TOP