注目の記事 PICK UP!

勝ちトレードだからこそ学ぶ

週間プラス・月間プラスを達成していないトレーダーでも、初心者トレーダーでも
利益を上げることができたトレードの経験は少なからずあると思います。

これらに当てはまるトレーダーの大きな特徴として、損切りしたトレードに意識がいってしまうことです。

「もっと早く損切りできていれば損失を抑えられたのに」
「損切りポイントをもっと大きくとっておけばよかった」 etc…

このように反省し、次のトレードに活かそうとします。

しかし、残念ながら、このように後から考えてしまう方は1トレードごとで一喜一憂しているトレーダーで、計画性のない感情トレードを行っています。
※勝ち組からは、ほど遠い思考です

損切りについて、ここでは、簡単にまとめますが、トレードを行う上で損切りは「当たり前」です。トータルで利益を残すという考え方を検証を通して腹落ちさせる必要があります。

さて、トレーダーとして少しでも上達するには勝ちトレードから学ぶ必要があります。
※もちろん負けトレードから学べることもあります。

利益を上げることができたトレードを記録するようにしてください。
どのような状況でエントリーし、どのような心理状態だったか、あとで振り返ったときに分かるようにしてください。

しかし、ここで大切なのがそのトレードに「再現性」があるかどうかです。
ただやみくもにトレードしても、それは博打となんら変わりません。

再現性とは、すなわち手法の一貫性です。

勝てないトレーダーは、インジケーターのパラメーターをコロコロいじったり、せっかく手法を手に入れてもその場しのぎの感情トレードに走ったりして、一貫性とはほど遠いトレードを何度も繰り返します。

もっとたちが悪いのは、トレードを繰り返していれば、いずれ勝てるようになると盲信していることです。前回の記事にも書きましたが、負けトレーダーは、負け癖の経験値を積み上げているだけなので、どこかで軌道修正しないと相場の養分で終わってしまいます。

勝った時のトレードを振り返り、その手法で一貫したトレードを行ってください。
そして、その手法をさらに磨きをかけてください。

ほとんどの負け組トレーダーは、この一貫性を知らずに、感情トレードを行ったり、ポジポジ病を発症したりと負けるためのトレードを行っています。

この記事を読んだあなたは、もう大丈夫ですよね♪

関連記事

  1. 勝てる手法探しは怠け心からくる事実

  2. 相場で稼ぐ3つの基本-カンタンなのに頭のいい奴ほど難しく考える事実

  3. FXで利益を出すためのコツとは?

  4. 損切りができない?損切りしないからできないのです。

  5. 日経225CFDレンジブレイク後の戻り売りを狙った手法

  6. 弱いブレイクアウト後の押し目・戻り売りの狙い方

  7. ダマシを利用するエントリー手法

  8. ブレイクアウト手法のタイミングを捉える

  9. プロトレーダーの損切りを学ぶ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 今がチャンス!?CFDの金投資を始めるべき4つの理由
PAGE TOP