注目の記事 PICK UP!

勝ちパターンと負けパターンを見つける

売買記録のすすめ

いきなりですが、あなたはトレード結果の振り返りを行っていますか? やっていない方は、今から売買記録を付けることをおススメします。

はっきり言います。 売買の記録を振り返っていないトレーダーは、この先、何年も資産を削り続け、自己卑下を繰り返し、苦しい思いを続けることになります。

初心者によくありがちなのが、負ける原因を手法に求めることです。 手法なんてもんは、ぶっちゃけなんでも良いのです。

重要なのは、インプットした手法を多くの時間を割いてアウトプットすることです。 勝てないトレーダーは、圧倒的にアウトプットが足りてません。 アウトプットは、最少Lotによる実弾でも良いですが、ForexTester2などの検証ツールをおすすめします。

トレードの癖を見つける

さて、あなたがどのようなトレードをした時に勝つ(負ける)ことが多いのか、自分のトレードの癖を把握しておく必要があります。

勝つ(負ける)ときのトレードは、パターンがあるはずです。 たとえば、私の負けパターンは、ポジポジ病が原因で損切り貧乏に陥ったり、損したくないという心理から根拠のない損切りを多発していました。

これを意識して改善を行った結果、利益が残るようになりました。 トレードは、スポーツと同じで、悪癖は潜在意識が起因していることから、反復練習をして、少しずつ・少しずつ潜在意識を変えていく必要があります。

たとえば、さっさと切ればよいポジションを生命維持装置(比喩です)でナンピンを繰り返し、結局は大損したとします。 努力家のトレーダーは、「次はやらないようにしよう」と反省をしますが、また同じことを繰り返してしまいます。

そして、自己卑下・・・ 「クソ―!なんで同じことをしてしまうんだ!」 こんな経験を誰でもしたことがあると思います。

同じことを繰り返してしまう(頭で思っても体がついてこない)のは、あなたの能力が劣っているわけではなく、潜在意識が原因です。潜在意識は、いくら自分に言い聞かせても急には言うことを聞いてくれません。

潜在意識を変える

勝ちパターン・負けパターンの癖を把握できたらインプットをやめてアウトプットに多くの時間を割いてください。

同じことを何度も繰り返して体に覚えさせてください。 潜在意識を変えるのは、反復練習しかありません。 負けパターンの悪癖が出てしまったら、少しずつ意識して改善していけば良いのです。

ほんの少しでも改善できたら成長です。 トレーダーという職種は、利益が残らないと成長を実感しづらいですが、改善の繰り返しがやがてあなたに利益を残すことになります。

「 勝てる手法!」みたいな記事の方が人気があるのかもしれませんが、この記事をご覧になったあなたは、そんなものは幻想ということに気付いているはずです。

もう一度言いますが、勝てない原因は手法ではなく、負けるときの癖(潜在意識)が原因です。これを克服するためには、反復練習です。

関連記事

  1. 勝てる手法探しは怠け心からくる事実

  2. 相場で稼ぐ3つの基本-カンタンなのに頭のいい奴ほど難しく考える事実

  3. FXで利益を出すためのコツとは?

  4. 損切りができない?損切りしないからできないのです。

  5. 日経225CFDレンジブレイク後の戻り売りを狙った手法

  6. 弱いブレイクアウト後の押し目・戻り売りの狙い方

  7. ダマシを利用するエントリー手法

  8. ブレイクアウト手法のタイミングを捉える

  9. プロトレーダーの損切りを学ぶ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 今がチャンス!?CFDの金投資を始めるべき4つの理由
PAGE TOP