注目の記事 PICK UP!

弱いブレイクアウト後の押し目・戻り売りの狙い方

弱いブレイクアウト後の戦略

ブレイクアウトの初動に乗ることができたら大きく取れる可能性もありますが 確率的にはダマし(ヘッドフェイク)の方が多い傾向があります。

そこで、勝率を上げるための有効な方法として、ブレイクアウト後の押し目、戻り売りを狙うのが最もポピュラーであり、鉄板手法です。私は、価格の勢いや強いトレンドが出ているときに初動ブレイクを狙いますが、ダマシがあるということを常に念頭に置いて、動きをしっかり観測するようにしています。

ブレイクアウトの定義

ブレイクアウトの定義はありません。考え方はトレーダーごとで異なります。例えば、高値・安値を抜けたらブレイクと見なす人もいれば、ローソク足の 実態が抜けたらブレイクと見なす人もいます。

私の場合は、誰が見てもブレイクしたと判断できるチャート形状をブレイクアウトと決めています。

当然、抜けたと思ってもまたレンジ内に回帰することもあるので100%はありません。 もし、あなたがブレイクアウトしたのか?という疑問を持ったならば他のトレーダーも同じ疑問を抱いているはずです。

当然、ブレイクした・してないと全く逆の考えを持っているトレーダーもいます。つまり、答えに正解を求めるのではなく、あなたの考えに再現性があり、自分の軸となる考え方を持つことが大切です。

そして、相場が出した答えが全てです。 軸を持つためには、多くの成功や失敗体験からしか生まれません。そういった経験をするからこそ、次はこうしよう、次はあーしようと人は考えるのです。

チャートを長く見れない環境にいる方は、経験値を貯めるのに圧倒的に時間が足らないため、不利な立場だと言えます。

当然ながら結果を出すまでに莫大な時間が必要になります。 経験が浅いために弱小トレーダーとしての期間が長くなるため、損失を膨らます期間も必然と長引きます。

結果、「自分は勝てない」「ルールが守れないダメトレーダー」などネガティブになっていき、最後は撤退ということになります。

それを少しでも改善するための便利なツールがForexTester2です。 早く結果を出したいなら、このツールを利用して、空いている時間を全てFXに注ぎ込むくらい熱意をもって取り組むことをおすすめします。

少し脱線してしまいましたが、相場には正解は存在しません。あなたの軸となる考えをしっかり持ち相場が出した答えに準じる、これを肝に銘じて相場と向き合ってください。

弱いブレイクアウト後のエントリータイミング

環境認識

それでは、実際のチャートを使ってブレイクアウト後の押し目を見ていきましょう。下記のチャートをご覧ください。 まずは環境認識です。4時間足ではレンジから上抜けしている状態です。 

AUDUSD4時間足

もう少し細かく見るために、1時間足を確認していきましょう。下記の赤枠は一度抵抗線を抜けていますが、レンジ内に再度回帰しています。

その後、小幅な小康状態から上昇を始めしっかりとブレイクアウトしているのが緑枠です。

AUDUSD1時間足

 押し目のポイントはリトレースメント(調整)しているオレンジの枠が候補になります。 ブレイク後のシナリオを考えてみます。

AUDUSD1時間足

 ブレイク後に押し目を作らないシナリオを2つ作りました。赤矢印のパターンは、そのまま押し目を付けずに飛んでいくケースです。

緑矢印は、だましでレンジ内にそのまま戻ってしまうケースです。 オレンジのポイントは実際に私がエントリーしたところです。 AUDUSD約定履歴 AUDUSD1時間足 エグジットは、ラインが意識されたポイントで降りました。 AUDUSD約定履歴

飛びつきエントリー

飛びつきエントリーで逆行されて結局損切りになってしまったという経験は誰でもあります。感情の赴くままにトレードしている人がよく陥るケースです。よくやってしまう代表的な例が、「置いて行かれたくない!」です。

飛びつきエントリーでもグイグイ伸びていくマーケットだったら短時間で利益を取ることも可能ですが、ビックプレイヤーが利益確定するポイントでもあるので、強い押しによって含み損になりやすいとも言えます。

今回使っているチャートで飛びつきエントリーしたら下記の結果になります。

AUDUSD1時間足飛びつきエントリー

デイトレーダーの多くは、レバレッジMAXでガンガン取引すると思いますが、なかなか思ったとおりに上がってくれなかったり、少しでも押され始めると「あれ?違ったのか?」と自問自答し不安にもなってきます。そこで、一度ポジションを投げて(損切り)様子見するトレーダーも現れてきます。

その場面こそビックプレイヤー(銀行やファンドなど)がポジションを少しずつ溜め込んでいたりするものです。

ブレイクアウト後にダラダラと続く時間帯があったら、そこはエネルギー充電時間と考え、資金管理をきっちり行った上でポジションを持つようにするとうまく行きやすいです。

押し目を作らない場合の対処

ご縁がなかったと割り切ってチャートを閉じましょう。機会損失のストレスでエントリーしたくなる衝動に駆られますが、メリハリをつけて次のチャンスに備えることが重要です。

無理にエントリーすると、結果的に飛びつきエントリーと同じ事になります。もちろんドンドン行ってしまう場合もあるかもしれません。

機会損失でストレスを抱えるようでは、あまりにも利益に対する執着が強過ぎです。そういうトレーダーは、損切りができなかったり、利益を失うのを恐れてチキン利食いしたりする傾向があります。

感情に振り回されたり、ポジポジ病で無駄なトレードをするのも大きな特長です。 私の対処法は、チャートを閉じて他の作業に没頭するよう工夫をしています。

チャンスはいくらでもあります。大事なのは、スナイパーのように獲れるところをしっかり狙う姿勢です。  

関連記事

  1. 勝てる手法探しは怠け心からくる事実

  2. 相場で稼ぐ3つの基本-カンタンなのに頭のいい奴ほど難しく考える事実

  3. FXで利益を出すためのコツとは?

  4. 損切りができない?損切りしないからできないのです。

  5. 日経225CFDレンジブレイク後の戻り売りを狙った手法

  6. ダマシを利用するエントリー手法

  7. ブレイクアウト手法のタイミングを捉える

  8. プロトレーダーの損切りを学ぶ

  9. 環境認識を使ったチャート分析とエントリー方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 今がチャンス!?CFDの金投資を始めるべき4つの理由
PAGE TOP