注目の記事 PICK UP!

BIDとASKの知られざる裏話

BIDとASKとは、インターバンク(銀行)が提示する2Wayプライスのことを言います。

 

FX業者は、インターバンクから2Wayプライスを受取り、顧客に配信します。
※顧客とは、一般の個人投資家を指します。

 

Bidは、売値
Askは、買値
を言います。

 

表示されているドル円のプライスを例にすると
100.000(Bid) ~ 100.003(Ask)
となります。

 

ここまでは、トレードを行う上で基本的な事になるので、ご存知の方が多いと思います。

 

ここからが本題ですが、シェードについて記事にしようと思います。

 

シェードとは、簡単に説明すると、FX業者のディーラーがインターバンクから受け取っているプライスを上下にズラして、顧客に配信する行為を言いますが、この言葉を聞いたことがある方は極少数派だと思います。

 

シェードの目的は、FX業者が収益を上げるために行う作業になりますが、そのプライスを受け取っている顧客にとっては、不利なプライスを受け取ることになります。

 

もちろんFX業者もリスクをとる行為になっている場合もありますが、大半は、業者側にプラスになる行為と認識して問題ないと思います。

 

2つ以上のFX口座をお持ちの方は、気付いているかもしれませんが、業者間の提示するプライスにズレがあると思います。

 

その理由のひとつがシェードになります。

 

もちろん、配信元のインターバンクやスプレッドの差が異なれば、多少違うプライスになる可能性もありますが、どのFX業者も契約しているインターバンクは同じなので、大きな差は出ないと思います。

 

ただし、シェードという行為は、相対取引でやっている以上、悪ではないということも認識しとくべきです。

 

良いプライスで取引したかったら、やはり業者選定は重要なプロセスではないでしょうか。

 

以上が、BIDとASKに関する裏話でした。

 

 

人気ブログランキングに参加しています。応援クリックを頂けると幸いです♪

為替・FX ブログランキングへ

関連記事

  1. ミセスワタナベの敗者を生み続けるFX会社は取り組み方を変えていくべき

  2. FX初心者が経験値不足を補うために必要な3つの取り組み

  3. FXの真実

  4. スプレッドの基本的なお話し

  5. 相場の価格が上下動するのはなぜか?マーケットの本質に迫る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 今がチャンス!?CFDの金投資を始めるべき4つの理由
PAGE TOP