注目の記事 PICK UP!

ポジポジ病の2つの原因と克服方法

ポジポジ病の原因と解決方法

ポジポジ病の本質は、あなたの潜在意識に起因しています。ポジポジ病を治したい・克服したいと思っても、いろいろなブログや書籍を読んで知識をたくさんつけて行動してもすぐには改善されません。

克服するには、地道な努力、忍耐、時間が必要です。 ポジポジ病を治すために、あなた自身にいろんな制約を設けて工夫したこともあると思います。

例えば

  • トレードを人に監視してもらう
  • トレードルールを無視したら罰を与える
  • トレード回数を決める

人によっては、もっとあるかもしれません。 しかし、人は自分に甘いので最後はルールを破ってしまうのが常です。私もポジポジ病を治そうと妻に監視してもらったり、取引回数は1日3回までといろいろなルールを設けましたが、結局それを守れませんでした。

経験上、制約を設けるのは、克服できない上に自分自身を締め付けてストレスを感じるだけなのでおすすめしません。

ルールを守れないのは意思が弱いからと片づけるのは簡単です。 しかし、本当に意思が弱いからポジポジ病を発症してしまうのでしょうか。

ポジポジ病の2つの原因

人間の本能に起因

ポジポジ病とは、人それぞれ考えやクセは異なるものの、無駄にトレードをしてしまうことを指しますが、最終的にはポジションを持てば儲かる可能性があるという思い込みに行き着きます。

無駄にトレードしてもダメと頭では分かっていても、行動は伴いません。この癖を矯正するのは時間がかかるうえに忍耐と努力が必要になってきます。

ここで重要なのは、なぜポジションを持てば儲かると思ってしまうのかを考える必要があります。

サルを使った研究でこんな実験がありました。 サルに作業をさせるために「褒美を与え続けた場合」と「ランダムに褒美を与えた場合」どのような行動をとるか実験したところ、「褒美を与え続けたサル」は、褒美を止めるとピタッと作業を止めてしまいました。

逆に「ランダムに褒美を与えたサル」は、作業を止めることがなかったのです。 「褒美を与え続けたサル」は、褒美がもらえないなら無駄と判断し、作業をしなくなります。

「ランダムに褒美を与えたサル」は、また褒美をもらえると思い込み、さぼらず作業を続けるようになります。

これをポジポジ病に置き換えると、たまに勝利する(儲かる)トレードがあなたを自己陶酔させ「ポジションを持てば儲かる可能性がある」とあなたの意識が思い込んでしまうのです。

これは人間の本能なので、いくらルールを設けたり、自己規律で精神論を謳ったところで改善することはありません。

マーケットに期待する思考

あなたは、ポジションを持ったらマーケットに期待する事をやめる必要があります。

ポジションを持ったら儲かるかもしれないという考えは、マーケットに期待している証拠であり、この考え方は、勝てるトレーダーからかけ離れた思考なので、早期に改めなければなりません。

理由は、ランダムな報酬による依存症の記事に「なぜマーケットに期待することがだめなのか」をまとめました。

マーケットに期待するとあなたは、マーケットに裏切られたときに失望します。そして、次に始めるのがルールを守れなかった自分に対する自己嫌悪です。

ポジポジ病を改善する2つの方法

売買記録を録る

まずはあなたがトレードしたポイントをチャートに書き込んで記録を録ってください。ポジポジ病を克服するには、現状認識から始めないと改善されません。

記録を振り返ると、なぜこんなところでトレードしているの?と自分で気付くことができます。この気付きこそが改善の芽になります。 私も末期なポジポジ病患者でしたが、記録を振り返ることで、バカなことをしてる自分を認識して行動が変わりました。  

自分の行動を認識するということは、自分の行動を受け入れるということになります。つまり、あなたの潜在意識(本能)を変化させる種が植えられるということです。

失敗した自分を受け入れる

ルールを破って失敗した場合、メンタルが弱いからと都合の良い言い訳をしないで、自己嫌悪に陥らず、まずは失敗した自分を受け入れてください。

利益を上げ続けているトレーダーは、メンタルが弱いからなど1ミリも思いません。 あなたの潜在意識(本能)は、失敗しないようにすればするほど、失敗するように潜在意識は働きます。

潜在意識は、あなたが今まで経験してきたことの集大成です。失敗して受け入れない行為(自己嫌悪・自己卑下)は、今までの経験が否定されるのを無意識で恐れているからです。

これでは、潜在意識(本能)は変わらないので、いつまで経っても、同じことをやらかします。変化を望むなら、どんな失敗でも自分を受け入れるところから始まります。

潜在意識を変化させた先にトレーダーとしての成功があります

まとめ

ポジポジ病をいきなり改善する魔法の薬は存在しません。上記で挙げたことをコツコツ習慣にして積み上げることが、改善の近道です。

誰もが通る道です。

焦らず、しっかり土台を作りながら成長していってください。 継続すれば必ず道は開けます。最後まで自分を信じて取り組んでくださいね。

関連記事

  1. 潜在意識を味方にしてトレードに活かす方法

  2. ランダムな報酬による依存症

  3. 努力家が陥りやすい罠

  4. マーケット参加者の思惑

  5. 含み損を抱えたときの心理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ピックアップ記事

  1. 今がチャンス!?CFDの金投資を始めるべき4つの理由
PAGE TOP